タグ:History ( 5 ) タグの人気記事
気分はヒエヒエ心霊スポット
ブログをごらんの皆さんこんにちは。ルイス店長の戸澤です。
ジメジメ、ムシムシ、アツアツな不快指数MAXな毎日が続いております。
現在ルイス&ポートマントでは、『夏のセール好評開催中!』ですが、今回はファッションの話を少し離れて、MAXな不快指数を少しでも和らげるお話をしたいと思います。

それは『心霊スポット』のお話です・・・。

地元愛知にも数々の心霊スポットがあるのですが、そのなかの一つに『旧本坂トンネル』があります。

f0276825_1819313.jpg



『旧本坂トンネル』をさらっと説明しますと・・・愛知県豊橋市と静岡県浜松市北区を結ぶ国道362号線の本坂峠にあるトンネルです。1978年(昭和53年)に新しい『本坂トンネル』が開通してからは、この旧いほうのトンネルはほとんど車が通らなくなって寂れまくっています。この寂れたトンネルが今回のお話の『旧本坂トンネル』です。

このトンネルのある本坂峠は、東海道見附宿(静岡県磐田市)から御油(愛知県豊川市)を結ぶ東海道の裏道として作られ『姫街道』と呼ばれました。江戸時代、女性に対して検閲の厳しかった東海道新居の関所を避けるため多くの女性がこの街道を利用したことから、こう呼ばれるようになりました。その最大の難所がここ本坂峠なのです。多くの旅人(特に女性)が命を落としたと聞きます。

心霊マニアの噂ではトンネルの真ん中あたりで車を停めて、ライトを消しクラクションを三回鳴らすと霊が現れるといわれています。


目撃例としては・・・
白い着物を着た女性の霊が現れる
地面を這う老婆の霊が追いかけてくる
トンネルの天井から逆さまの女性の霊が現れる
車の窓が手形だらけになる
車の空いている席に乗ってくる
等々・・・


これからお話しする出来事は、ずいぶん昔のことになるのですが、自身の体験によるノンフィクションです。

いつものたまり場の喫茶店で、ある友人が『旧本坂トンネル』で、「白い着物を着た女性の幽霊を見た!」という話から、じゃあ自分たちもその幽霊とやらを見にいこうじゃないかと話は盛り上がり、さっそくその日の夜に行くことになりました。

季節は夏、草木も眠る丑三つ時(午前三時頃)車二台に野郎五人が、分乗し出かけました。
愛知県側から静岡側に例のトンネルを何事もなく通りぬけて、静岡側に出てUターンし、トンネルの入り口に車をむけて止め、車のなかでしばらく様子を見ることにしました。
あたりは漆黒の闇でライトを消したらほんのり月明かりでしか何も見えない状況で、何かが出ても不思議じゃない空気で満ちてました。
しかし、しばらく待っても何も起こる気配はありません。暗闇にただトンネルがあるだけ・・・。


じゃあトンネルに入ってみようということになって、皆で行けは怖くないから、歩いて向こう側まで行って帰って来ようということになりました。
でも、そのときの自分は霊感が強いとかではないのに、本当に嫌な気持でどうしてもトンネルに入ることが出来ませんでした。

しゃあないということで、結局自分を除いた四人はトンネルに入って行きました。
でも、よくよく考えてみたら外で一人で待つほうがよほど怖かった・・・。

結局トンネルに入った四人は何事もなく帰ってきたのですが、一人行くことが出来なかった自分を友人達がチキン呼ばわりしたことで、バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティーのごとく逆切れし、「じゃあ、一人で行ってやるわ!」という流れになってしまい、よせばいいのに皆の制止をふりきって一人トンネルに入りました。


トンネルの中は真っ暗、不気味、雨だれ、霧、カビ臭い、夏なのに肌寒い、と霊が出るにはまさに好条件・・・。
懐中電灯片手に恐る恐る中に進みました。なるべく回りは見ないように・・・。
心臓バクバクで息を凝らしてなんとか反対側まで何事も無く出ることが出来たけれど、また帰らなくちゃいけない、意を決してまたトンネルの中へ・・・。
帰り道の途中、あまりに怖すぎて感覚が麻痺してきたのでしょうか、こんなことを思いつきました。


「外で待っている連中を、ひとつ驚かしてやろう!」って・・・。


さっそく持っている懐中電灯の明かりを手でさえぎり、足元だけを少しだけ照らし、身をかがめ、見つからないようにゆっくり出口に向かいました。

皆を驚かそうと暗闇から、わっと飛び出したつもりだったのですが、待っていた友人たちは、なぜかまったく驚いた様子を見せませんでした。


そこで、不思議に思って聞いてみました。


「驚かそうとしたの分かってたの?」


そうすると皆が口をそろえてこう言いました。


「懐中電灯を投げて遊んでちゃダメだよ!」


真っ暗なトンネルのアーチのなかで懐中電灯らしき明かりが、ぽーんぽーんとキャッチボールでもしてるように飛んでいたというのです。


いやいや、自分はむしろ皆を驚かそうと明かりを隠していたのに・・・。
それって、どういうことだろう?とあらためて考えてみると、皆を驚かそうと身をかがめて、明かりを暗くしていた自分の背後に何かしら飛んでいたのではないでしょうか?
自分が懐中電灯で遊んでないことを皆に話しても、最初は信じてもらえなかったんだけど、それが事実だってわかると、急に顔は青ざめ震えだし一目散に車に乗り込み「ヤバイ!早く逃げるぞ!」ってことになりました。


結局、自分はなにも見て無いんだけど、他の人は全員が見たという『旧本坂トンネル』の不思議な明かりのお話でした・・・。

f0276825_22171670.jpg




え、ぜんぜん気分はヒエヒエになりませんでしたか?

夏のセール、皆さんのご来店をお待ちしています。
[PR]
by mens_louis | 2014-07-13 22:18 | Louis & Portmanteau | Comments(0)
初詣で
平成26年1月13日 月曜日

今日、みんなで朝から豊川稲荷まで初詣でに行ってきました。

てんちょーはこんなに寒いのに、得意のハニーフラッシュであったかいのか、シャツにジャケットという防寒という言葉を全く知らない格好で、ダウンを着てるボクがバカみたいに思える出で立ちでした。

f0276825_127065.jpg


ふと、周りを見渡してみると、お稲荷さんでキツネの石像の写真を、シルバーフォックスの毛皮を付けた人が写真を撮ってます...。

f0276825_1213833.jpg


あ、よく見たら、久しぶりに登場の近ちゃんパイセン。

この寒いのに胸元開き過ぎです。
さすがです。

f0276825_121588.jpg


ん?

よく見たら、胸元に十字架...。

このスタイルでちゃんと参拝し、ボクに正しい参拝の仕方をレクチャーしてくれた近ちゃんパイセン。
恥ずかしいんで外で話しかけないでもらっていいっすかwww


今年も我が社の恒例行事、豊川稲荷での商売繁盛のご祈願ができました。
てんちょーもいつもより神々しい感じになりました。

f0276825_12245659.jpg




さてさて、三連休も最終日。
本日も元気にお店はやってます!!
遊びに来てね〜!!!
[PR]
by mens_louis | 2014-01-13 12:44 | K-international | Comments(0)
『 Portmanteau 』
f0276825_18203240.jpg


こんにちは。
中野です。

このブログを見ていただいてる方が知ってるのかどうか分かんないけど、ボクは3/1からルイスに移動してきました。
18歳でこの店の客になり、22歳でこの会社に入社したけどルイスに配属されることはなく、で、辞めていろいろあってまたこの会社にお世話になり、一年間便利屋として使われ(今も変わってないけど...)、ようやく念願のルイス配属となった訳でありますが、実はそれには理由がありました...。

2013年9月5日(仮)にルイス2階にて私主導の新店舗がオープン致します!!

その名もPortmanteau
読み方はポートマントね。

気になる意味は、普通に和訳すると旅行カバンという意味になるのですが、『不思議の国のアリス』で有名なルイス・キャロルが続編である『鏡の国のアリス』使った造語で、『かばん語』という意味があったりします。
かばん語とは、分かりやすいのが「breakfast」(朝食)と「lunch」(昼食)で「brunch」(ブランチ)みたいな...混成語というやつです。(分かりにくい?)

ボクとしてはこのお店をこの言葉のように、洋服やアート、音楽などいろんな物を詰め込んで新しいことを作り出したいという想いから、この名前でスタートさせたいと思っています。

な〜んて堅苦しい言い方になってますが、要は、「モード?知らん!ストリート??うるせぇ!!なんでもいいから型にはまらず楽しいことがしてぇんだよ!!ってかそれがファッションだろ!!!」っていう想いでお店を作って行きたいと考えています。

もうすでにいくつかのブランドは発注済みなんですが、まだ春夏シーズン真っ最中で、画像とか使っちゃいけないかもなんで、追々発表していきます。
楽しみにお待ち下さ〜い!!!


「楽しんでる?」

「あなた次第だよ...」


そう...楽しいか楽しくないかなんて自分次第。
所詮、ボクが決められるもんでもない...。

でも、こんな世の中だし、ネガティブに考えたらネガティブにしかなんないし、どうせならみんな楽しもうよ!!

そんな店にしたいです......
[PR]
by mens_louis | 2013-04-18 18:52 | Portmanteau | Comments(0)
ワイハーでのお話・・・。
ルイスブログをごらんの皆さんこんにちは。

するする詐欺店長の戸沢です。

今回も昔の話・・・。

それは初めての海外旅行、ワイハー(Hawaii)でのこと・・・。

f0276825_855186.png


いやな予感はしたんだけど、まず、日本から出国の時点で訳わからないまま別室に連れて行かれた。

壁にむかって両手をついて肩幅くらいに両足を広げるように指示され、洋服までは脱がされませんでしたが全身、局部、靴、靴下までくまなく調べられた。

その後お詫びの言葉もなく無事解放されはしましたが、その時点でリゾート気分はぶっ飛んだ。



続いてワイハーでの入国審査・・・。

英語はめちゃ苦手なので頭の中では「サイトシ-イング」っていえばいいんだっけとか復唱してました。

そんで「What’s the purpose of your visit?」こんなん聞かれると思ってた・・・。

そしたらいきなり「Kankou?」って聞いてきた。

さっきの出国の件もあってめちゃ緊張してるし、頭の中は「サ・イ・ト・シ・イ・イ・ン・グ」って答えるつもりでいた
ので「Kankou」って英語がわからない。

あせればあせるほどそれは不審者にしか見えないだろうと思うとさらにあせる・・・。

「Kankou?」が「観光?」ってわかるのに大分時間がかかった・・・。

その後しっかり調べられたのは言うまでもない・・・。


さて、気分を変えて今度こそ本当の「観光」だぜい!とワイキキのビーチで美女を眺め、シュノーケリングを楽しみ、観光スポットを巡り、アラモアナでショッピングし、バスで移動中にルイスでお買いものしていただいたお客様に遭遇するハプニングのおまけがついたりとワイハーを楽しんだ。

ビーチボーイのポールはいい奴だった。ポロシャツのいちばん上のボタンを留めるとめちゃ怒る・・・。

「ここはハワイだ!」と・・・。


さて、本題はここから、昼間さんざん遊びまくり夜は火踊りと花火ショーとかいう観光客むけのディナーに行く予定でホテルに帰った。

ホテルはたしかヒルトン系だった。

リゾートホテルなので昼間のロビーははビーサンにショーツ、アロハシャツで外人さんも日本人もうろうろしている。

日も暮れてディナーに行こうとアラモアナで買ったアロハに着替えて出かけようとエレベーターに乗った。

すると昼間とはうってかわってドレスアップした外人さんのカップルばかり。

どうやらこれから食事やショーを楽しみに行くらしい・・・。

日本人と西洋人、服飾の文化は違えどファッションの楽しみ方がぜーんぜん違う。

エレベーターのなかでアロハシャツの自分ははホント場違いな感じだった。

その時、思ったことは、ファッションのお仕事に携わる自分は、リゾートなカジュアルからフォーマルなドレスまで楽しくファッションを語れるようになりたいと・・・。

また固い話になりました。ごめんなさい。

次回はもっと楽しいお話を・・・。

するする店長ルイス戸沢でした。
[PR]
by mens_louis | 2013-04-05 08:47 | Louis | Comments(0)
昔話を少し・・・。
新ルイスブログをごらんの皆さんこんにちは。

ブログ更新するする詐欺の店長の戸沢です。

なかなか更新出来ずごめんなさい。


再スタートとして、今回は昔話を少し・・・。

ルイスのオープンは右のロゴにあるように1981年

今から30年以上も前のこと。

現在の場所とは違いひとつとなりの広小路通りでスタート。

当時の取扱ブランドは「VAN」「Jプレス」「ラルフローレン」等々

VAN」ご存知ですか?

f0276825_530448.jpg















映画「ALWAYS3丁目の夕日」に登場しています。

当時はアメリカントラディショナル、アイビーファッションが流行っていました。

現在良く耳にする「プレッピー」はこの時代の大ブームでした。

1982年当時の雑誌「メンズクラブ」
f0276825_5445653.jpg


ファッションの流れとしてはこの後「アイビー」→「プレッピー」→「ブリティツシュ」→「フレンチ」→「モード」へ

変遷していきます。

ファッションは廻り廻ってますね。ただしその時代の新しさを加味したうえでの事ですけれど・・・。


ルイスオープン以来30年以上、現在のお仕事をさせていただいてますが、

時代は変われどルイスのスピリッツの「トラディショナルマインド」ということは変わりません。

それは懐古主義ではなくて伝統や歴史を理解したうえで変えるべきものは変えてもトラディショナルマインド

は変わらないということです。

なんか固いお話になってしまってごめんなさい。

次回はも少し楽しいお話にしますね。

するする詐欺店長の戸沢でした。
[PR]
by mens_louis | 2013-04-04 07:25 | Louis | Comments(0)



愛知県豊橋市にあるセレクトショップです。『WACKO MARIA』、『NAISSANCE』、『Name.』、『SCYE』などを扱っています。さまざまなファッションを、ルイス&ポートマントというフィルターを通して発信していきます!!



[住所]
〒440-0897
愛知県豊橋市松葉一丁目105

[TEL]
0532-55-1130

[WEB SHOP]
K-international Web Shop


[営業時間]
11:00~20:00

[定休日]
水曜

[お問い合せ]
contact@k-inter.com


by mens_louis
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
Louis
Portmanteau
Louis & Portmanteau
K-international
Music
Movie
Book
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
最新のコメント
>ヨコハマさま Lサイ..
by mens_louis at 23:39
このriseyのスウェッ..
by ヨコハマ at 02:22
コメントありがとうござい..
by mens_louis at 13:42
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusso..
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
検索
タグ
最新の記事
『Spring & Summ..
at 2017-03-09 19:01
Spring & Summe..
at 2017-03-04 18:36
2017SS WACKO M..
at 2017-02-18 16:47
いよいよ2017年、春夏シー..
at 2017-02-04 19:37
コレも欲しー!(Winter..
at 2017-01-08 15:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧