気分はヒエヒエ心霊スポット2
ルイス&ポートマントブログを、いつもご覧いただきありがとうございます。

今からちょうど一年くらい前、連日猛暑の時に「気分はヒエヒエ心霊スポット」というブログを書いたことがあります。

最近も猛暑続きで、毎日の挨拶が「暑い~あづい~」では可哀そうなので、ここでひとつ「気分はヒエヒエ心霊スポット第2弾」のお話しで、暑さを少しでも和らげようと考えたルイスの戸澤です。

今回は、お話しが少し長くなりそうなので、お時間のある時にご覧下さい。

また、ファッションのお話しとはまったく関係ないので、ファッション情報を期待していた方にはお詫びを申し上げます。


これは、ずいぶん昔のお話しになるのですが、自分が高校2年生の頃、夏休みも終わってすぐの、音楽の授業の時のことでした。

先生が、クラスの皆にこう言いました。

「みんなー、夏休みは楽しかったかい?」

「お休みに何か思い出に残ることあったら皆の前で話してくれよ!」

先生の言うように、海に行ったとか、山に行ったとか何人かがみんなの前で思い出話しをしました。

すると、ひとり遠慮がちに手をあげてるヤツがいました。

それは、クラスでもあまり目立たない「小林君」でした。

度の強い牛乳瓶の底のようなセルフレームの眼鏡をかけていて、いつも前髪をぺったり前にたらしている。
どちらかといえば「オタク系」のあまり女子にはモテないタイプの男子です。

先生が指名すると「小林君」はこう言いました。

「あのう、先生、信じてもらえないかもしれないけど、夏休みに不思議な体験をしたので、その話、ここで話してもいいですか。」と・・・

普段から人前で話したりするようなヤツじゃないんだけど、珍しいなと思った。

先生の了承を得て、小林君は、皆の前でゆっくりと語り始めた・・・。

ボクは「ワンダーフォーゲル部」に入っているんですけど、この夏に部員全員で、木曽の上松というところに合宿に行ったんです。

今から皆さんにお話しするのは、その時の不思議な出来事です・・・。

その日、昼間は野山を散策し、夜はバンガローで休むスケジュールでした。部員は男女で8人ほどです。

これは、その日の夜、バンガローでの出来事です。時間は多分11時は過ぎていたと思います・・・。

先輩たちが、僕たちを脅かそうとして、窓の外に白いタオルをぶら下げたりして、度々悪ふざけをしてました。

そうこうするうちに、そのうちの一人の先輩が、急にガクガク震えだし、ドアを指差すのです。

「外・・・外・・・」青ざめた顔でこう繰り返していました。

正直、何を言っているか聞き取れないぐらい先輩の声は震えていました。

どうやら僕らを脅かそうと外に出ようとしたときに「何か」を見てしまったようなんです。

先輩は聞き取りにくい震えた声で「ド・ア・の・そ・と・見・ろ」、こう言っているようでした。

ボクはどうかなりそうなくらい心臓バクバクだったけど、勇気をふりしぼって、ほんの少しだけドアを開けて、隙間からおそるおそる外を見てみました。

すると、そこには、たしかに何かがいるんです。

夜の闇のなかに、ぽつりと白いその「何か」が見えました。

その時のボクは恐怖というより、何か不思議なものを見てるような気持ちでした。

とはいえヤバそうな空気なので、すぐにドアを閉めました。

でも、ひょっとして目の錯覚かもしれないと考えて、もう一度だけ、ほんの少しだけドアを開けて外を見ました。

確かにそこには「何か」いました。

それも少しずつこちらに近づいてきているみたいでした。

それは近づいてくるにつれ、徐々に「何か」からちゃんと形のあるものに見えるようになってきました。

その「何か」は、白い着物に白い帯を締めた女性のように見えました。
でも、なぜか顔は判りませんでした。

ただ、今でも鮮明に頭に浮かぶのは、その帯の白さが、この世のものとは思えない、見たことも無いような白さだったことです。

その白い女性らしき「何か」は、どんどんどんどんこちらに近づいてきて、もうすぐそこまでやってきました。

ドアの前でボクと先輩がドタバタしていることに、他の部員たちも気づいて騒ぎ出し、何が起こっているのか自分たちに聞いてきました。

そこで先輩と相談し、部員全員に今見えている「何か」を交代で見せることにしました。

その「何か」を見た部員たちは、全員皆、腰を抜かし声も出ませんでした。

あまりに想像を絶していて、皆、思考が停止したような状態でした。


ただ、一人だけ「白井さん」だけは違った・・・。

この人は、うちの部のなかでも特に霊感が強いといわれている女子です。


「白井さん」はこう言いました。

「他にもいる!」・・・と

「今、屋根の上にいる!」

「部屋の中に入ってきた!」

「腰の曲がった老婆が、そっちに行った!」と矢継ぎ早に指を差して叫びます。

見えてるらしいのは「白井さん」だけなので、指差した場所にいた見えていない人達は、蜘蛛の子を散らすように逃げます。

「そこ!」、「あっち!」と見えない老婆から皆で部屋中を、しばらくの間必死に逃げ回りました。

そうこうしているうちに、「白井さん」の様子がだんだんおかしくなってきました。

いわゆる「トランス状態」のようでした・・・。

うわごとの様にいろんなことを喋りはじめました。

「馬が見える」、「おかっぱ頭の小さな女の子が見える」、「古い家がある」、等々‥

そういった状態の彼女に、先輩が質問をしました。

「どんな家だ?」

「わらぶき屋根の古い家です。」と彼女が答える。

「中に入ることは出来るか?」とさらに聞くと、

「なべや木のお椀がある。」と、家の中を見て回って答えているようでした。

「他に何が見える?」と聞くと

「馬に乗った侍みたいな人が外にいる・・・。」と、怯えた声で言いました。

突然、「あ、見つかった、こっちにくる!」と彼女が、叫びました。

「逃げろ!」先輩が言いました。

すると「白井さん」の息がどんどん荒くなって、汗びっしょりになって、本当に逃げているかのようでした。

しばらく、そんな状態が続き、このままだと、彼女がどうなってしまうのかと心配していたのですが、そのうち「白井さん」は侍から逃げ切ったのか、だんだん落ち着いてきて、息も穏やかになってきました。

その時です、ボクはひとつ不思議なことに気がつきました。

それは、何か・・・?

バンガローの外には古い街路灯があって、その光が窓から部屋に差し込んでいました。
普通は真っ直ぐに差し込むはずの光が、なぜか部屋の中の一個所でガクンと屈折して見えるんです。

ボクは、まるでそこの空間が、「異次元の入口」のように思えました・・・。

一晩中続いた、これらの不思議な出来事は、近くを通る列車の始発の汽笛の音と同時に、全てピタリと止まりました。

「やっと終わった・・・。」

部員全員は、身も心もぐったりの状態でした・・・。

心配だった「白井さん」も意識を取り戻しましたが、今まで何が起きていたか分かっていないようでした。

後に、地元の人に聞いたところ、この地域は昔「落武者」たちが住んでいたところで、けっこう有名な心霊スポットのようでした。

ワンダーフォーゲル部全員が体験した、夏休みの合宿の不思議な出来事の話しは以上です・・・。



「小林君」のお話が終わると同時に、授業終了のチャイムが鳴りました。

自分たちは、そのチャイムの音で、一気に我に返りました。

「小林君」の不思議な体験のお話に、クラス全員がぐいぐいと引き込まれていたようです。


信じられないけれど、世の中には不思議なことってあるんですね。

自分が、昔聞いた「今でも忘れられない不思議なお話」は以上です・・・。

皆さん、少しは「気分はヒエヒエ」になりましたか?

「信じるか、信じないかは、あなた次第です。」

皆様のご来店をお待ちしています。








f0276825_19161420.jpg


f0276825_19162362.jpg













f0276825_19163537.jpg






Louis & Portmanteau Instagram
Louis & Portmanteau Facebook

Louis / ルイス 
TEL : 0532-55-1130
Portmanteau / ポートマント
TEL : 0532-39-6601
〒440-0897
愛知県豊橋市松葉1丁目105
OPEN / 11:00 - 20:00
CLOSED / Wednesday
[PR]
by mens_louis | 2015-07-27 19:18 | Louis & Portmanteau | Comments(0)
<< ニャンともならん! 夏が楽しくなる大人のTeeシャ... >>



愛知県豊橋市にあるセレクトショップです。『WACKO MARIA』、『NAISSANCE』、『Name.』、『SCYE』などを扱っています。さまざまなファッションを、ルイス&ポートマントというフィルターを通して発信していきます!!



[住所]
〒440-0897
愛知県豊橋市松葉一丁目105

[TEL]
0532-55-1130

[WEB SHOP]
K-international Web Shop


[営業時間]
11:00~20:00

[定休日]
水曜

[お問い合せ]
contact@k-inter.com


by mens_louis
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
Louis
Portmanteau
Louis & Portmanteau
K-international
Music
Movie
Book
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
最新のコメント
>ヨコハマさま Lサイ..
by mens_louis at 23:39
このriseyのスウェッ..
by ヨコハマ at 02:22
コメントありがとうござい..
by mens_louis at 13:42
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusso..
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
検索
タグ
最新の記事
『Spring & Summ..
at 2017-03-09 19:01
Spring & Summe..
at 2017-03-04 18:36
2017SS WACKO M..
at 2017-02-18 16:47
いよいよ2017年、春夏シー..
at 2017-02-04 19:37
コレも欲しー!(Winter..
at 2017-01-08 15:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧